心と体を元気にする、暮らし心地の良い、楽しい我が家づくりのお手伝いします。
このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ
植物日々の出来事庭仕事庭のこと 庭のこと 日々の出来事 庭仕事 庭仕事

08/17 : 砂漆喰塗り

5月に荒壁塗りした物置の外壁に、砂と漆喰を混ぜた砂漆喰を塗りました。

今年はすでに台風がやってきましたが、これから9月、10月に台風が来て、荒壁の土が流れ落ちてしまわないように、荒壁の上に砂漆喰で仕上げ塗りの下地を施工。


20190513_145750
20190816_113542
ここからは本職の左官Mさんにお任せ。


20190817_153825
だいぶイメージが変わりました。
仕上げの漆喰塗りのパターンをどうしようか悩みますねぇ。


投稿者:yasue
約9か月前から少しずつ進めていた我が家の物置造りも、かなり先が見えてきて、とうとう壁土を塗るところまでやってきました!
本当は梅雨になる前に外壁の仕上げをしたかったんですが、いつの間にか5月も後半になってしまいました。(壁土は塗ってから乾燥させるのに時間がかかるんです)


土を塗る前に、割った竹を使い、壁の骨組みとなる小舞を組んだ状態。


20190501_141142
その小舞に壁土を塗り付けていきます。

20190513_145750
外側を塗ったら、内側を塗っていくんですが、本職の左官屋さんならこのくらいなんて言うことない量なんでしょうが、頭の中でイメージしてるようにスムーズには進みません。

なるべく平らに均しているつもりだけど、本職のようにはいきません。

なんとか外は塗り終わり、内壁を塗っている途中で、仲間の左官屋Mさん登場。外壁の仕上げの漆喰塗をお願いしてあったので、様子を見に来てくれたんですが、、、


20190516_170048
左官としてはデコボコの壁がどうしても気になったのか、ササッと均してくれました。あっという間にデコボコが平らになり、ついでにコテの使い方のコツを教えてもらい、「じゃあっ」て帰っていきました。めちゃくちゃ助かりました、ありがとう!
やっぱり左官のしごとは難しい。でも楽しい!!


土を塗りかけの壁に木の影が写り、とても良い感じです。


20190516_170029
この壁土が乾いてきて、亀の甲のようにひび割れてきたら、仕上げの工程です。

あっ、、まだ床が残ってた!


投稿者:yasue

02/06 : 光る泥団子

去年の秋に行った愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で、息子が作った泥団子。これ、光る泥団子にしたいっていうんで、久しぶりに作ってみました。


まずは、カチカチに固まった泥団子を水につけて泥に戻します。ちょっとやわらかくなりすぎたので、現場で出てストックしてあった赤土を少し混ぜて団子に丸めれるくらいの硬さに調整して、丸めてしばらくして少し水が引いたら、また丸めて形を整えます。
ほんとは表面をスプーンやガラス瓶などで何回も磨いてつるつるにしていくんでしょうが、今回はちょっと手抜きで、次の日にガラス瓶で磨いてツルツルのピカピカにしていきます。
写真の緑色の部分は、レジ袋のプリント部分の色をこすりつけて着色。ピカピカの地球みたいに出来ました。


IMG_20190205_191537_920 (002)
投稿者:yasue
お盆明けから取り掛かり始めた我が家の庭のリフォーム。物置のスペースをつくるために、土留めの石積みを積みかけていたんですが、あとちょっとのところで途中かけのままずっと放置状態。年をまたいで
ようやく積みあがった!ここまでくるのに約5か月。物置が出来るのはいつになることやら…


石積み1
石積み2
投稿者:yasue

09/25 : 自宅の庭改修計画

月日がたつのは早いもので、庭屋として独立してから5年が経ちました。(ほんとに早かった、めちゃくちゃあっという間な感じです!)

その間にいろいろな道具が増えていき、そろそろ道具を置く場所を作らないと置き場所がなくなってしまうので、庭をリフォームすることにしました。現場での仕事の合間に作業してるのでなかなか進まないですが、来年の春ぐらいまでにはなんとかなんとかしたいです。


DSC_0330
とりあえず石を積んで、地盤を平らにするところから。。。でもこれがなかなか進まない!

P9250014
投稿者:yasue
先日、以前植替えをしたヤマボウシが見事に花がついているから見に来て!と連絡をいただいたお施主様のお宅に花見にお邪魔してきました。

樹高2.5メートルほどで、まだそんなに大きくないヤマボウシの木なんですが、本当に凄く花がついていて、花の重みで枝が垂れ下がるほどにびっしり?今までは咲いても2階のベランダから見たらパラパラと花がついているくらいだったらしいので(ヤマボウシの花は上向きに咲くので、下から見るとあまり目立たないんです)、今年の花の付きようにはとてもおどろかれいていました。


P5160001
P5160004
そして、このお施主様は趣味でバラを育てていて、ちょうどバラも見ごろを迎えて咲いていました。

P5160007
クレマチスとバラの組み合わせ。

P5160012
そして、そのお向かいのお施主様もバラを育てていて、どちらのお宅もとても見事にバラが咲いていました。

P5160015
P5160024
大切に育ててきた植物が、期待に応えて花を咲かせてくれたらとてもうれしいですよね。

うまくいくときばかりではないですが、だからこそきれいな花が咲いた時の喜びも大きくなるんですよね。

皆さんのお庭はどうですか?


投稿者:yasue
少し前のことですが、お庭の手入れに伺ったときに、お施主様から言われた、とてもうれしかったことがあります。


そのお宅は、以前はそこに住まわれていたんですが、現在は別の場所に住まいがあり、たまに来るようなかんじで、作業前は草が伸びて少し荒れた感じになっていました。

そんな状態のお庭の、草取りと庭木の剪定をご依頼いただき、その作業後に庭を見て、「こんなにきれいになるなら、お庭にお金をかけてもいいと初めて思った」というようなことを言われたのです。
今までは、それほど庭に興味のなかった方が、庭に価値を見出してくれたことが、とてもうれしかったんです。


草が伸びてしょうがないから、庭木が伸びてうっとうしいから、ただ短くするのではなく、その庭の空間が心地良い空間になるように、庭の手入れをすることが大切なんだというふうにいつも考えているんですが、今回このようなことを言ってもらえたのは、その思いが少し伝わったような気がしました。


投稿者:yasue
気が付けば、もうすぐにゴールデンウイークになるんですね。月日が過ぎるのは早いですね。っていうか早すぎて焦っちゃう。。。

そんな中、あちこちの造園や建築関係の雑誌などに掲載されている荻野寿也さんの庭造りが学べる、造園ワークショップに参加してきました。


荻野さんのつくる庭は、雑木の森の中にいるようなとても気持ちがいい庭で、僕もよく参考にさせてもらっているんですが、その庭造りに参加することができる貴重な経験でした。途中、家の中にもあがらあせてもらい、室内からの眺めも確認させてもらうことができ、2階の窓から背の高い木の枝葉がすぐ近くに見える景色がとても印象的でした。

いろんな発見があり、とても刺激的な3日間のワークショップでした。



DSC_0120
DSC_0142
DSC_0170
投稿者:yasue
どうしても後回しになってなかなか進まない我が家の庭。
木漏れ日のさす寛げるスペースを作りたいと思いながら、数年ほったらかしのまんま…

先日、いつも植木を仕入れさせてもらっている植木屋さんに、お客様の庭に植える樹木を探しに行ったついでに、見つけてきた樹高約5メートルのマユミの木を植栽。
これでやっと一歩進んだ感じ。あとはなるべく早く床面を仕上げなきゃ。

完成はいつになることか。。。


P3190020
P3190023
ついでに、花がとてもきれいで、成長もそんなに早くなくておすすめのコヒガンザクラを植栽。

P3190022
投稿者:yasue

03/08 : メダカ池

暖かくなって来たら、雨の日が多くなってきましたね。

去年の夏頃から計画してましたお庭。メダカの新居となる池が出来ました。
今まで水鉢を何個も置いて飼っていたメダカたちを、みんな一緒に出来るくらいの大きさです。
池っていうと、排水や循環装置とかの設備を設置すると結構大掛かりになってしまうんですが、今回のこの池は、そのような設備のない、ため池です。

この中に、オモダカやスイレンなどの水生植物を植えておけば水の汚れを浄化してくれて、アオコが発生して水が緑色になってしまうこともありません。クレソンやセリなんかを植えておけば、収穫して料理に使うことも出来ますね。

そして、よく聞かれることですが、池を作るとボウフラがわいて蚊が増えるんじゃないかと言われますが、池にメダカなどの小魚やゲンゴロウやヤゴなどの水生昆虫がいればボウフラを食べてくれるので、蚊が増えることもありません。

池じゃなくても、水鉢でもいいと思います。庭に水場があると、一つ楽しみが増えておすすめです。


DSC_0058
DSC_0060
投稿者:yasue

03/05 : 新芽やつぼみたち

つい先日まで寒さに耐え、しもやけに耐えていたのがウソのように暖かくなってきましたね。そうなると次は花粉症に耐える季節の到来ですが…

まあ、そんなこと言ってても花粉症が良くなるわけでもないので、それよりも楽しいことを考えていきたいと思います。


この時期、一日ごとに、植物たちの新芽やつぼみが大きくふくらんでいくのがよくわかります。昨日一輪開いた我が家の梅の花も今日は20輪以上開いていました。新芽も芽吹きの早い植物はもう葉が開きそうです。個人的には、開く寸前のふっくらとした状態の時が一番好きですね。

毎日庭の景色が変化していくのがよくわかるのでとても楽しい季節を楽しみたいと思います。


ウメの花
「思いのまま」という品種のウメの花。一本で白とピンクの花が咲きます。


シジミバナの芽
シジミバナの新芽。もう葉が開いてきてます。我が家では一番芽吹きの早い樹木です。


リキュウバイの芽
リキュウバイの新芽。こちらも葉が開きかけてます。芽の真ん中からツクシの頭みたいに出ているのが花芽です。花が咲くのももう少しですね。

投稿者:yasue

02/06 : 冷凍砂利

寒い日が続きますね。僕の住む豊橋では、あまり見ることが少ない霜柱が今朝もばっちり立っていました。暦の上では立春を過ぎたけども、この寒さはいつまで続くのでしょうか?やっぱりこの寒波も、温暖化の影響で夏はより暑く、冬はより寒くなるなんてことを聞いたことがありますが、そのせいですかね。寒いの苦手な僕には応えます。

今日のお仕事は庭に砂利を敷く作業だったんですが、昨日トラックに積んでおいた砂利が少し濡れていたために凍結してました!
凍った砂利を砕きながらの砂利敷き!多少凍ることはあってもこれだけ硬く凍ることは珍しいですね。


DSC_0010
DSC_0014
投稿者:yasue
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || 次のページへ≫

ホーム » スタッフブログ
Contact
TEL  0532-75-9927
携帯 090-3258-6537
ブログカレンダー
<   2019-09   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
所在地/連絡先

〒441-3123
愛知県豊橋市小松原町字
東原91-5
TEL 0532-75-9927
FAX 0532-21-1019
携帯
090-3258-6537
日中は携帯が繋がります
エクステリア&ガーデン施工可能エリア
愛知県
豊橋市/豊川市/新城市/田原市/
静岡県
浜松市/湖西市/